人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

キープ処理のステータスコード

目次

  1. キープ処理のステータスコード
    1. ステータスコードのコンテンツ利用例

キープ処理のステータスコード

キープ処理におけるレスポンスの内容について解説します。

キープ処理のレスポンスは、JSON形式で返却します。
ステータスコードを判断条件として、エラー内容の出力やアラートの変更、キープボタン表示などの処理をJSで制御してください。

"result" :
 {
 "status" : {実行結果の真偽値},
 "code" : {実行結果の番号}
 }
);
  • status:成功(TRUE)、失敗(FALSE)の二択
  • code:下記ステータスコード表の実行結果
ステータスコード表
コード ステータス 内容
1 成功 切替(削除):レコードが存在するので削除
2 成功 切替(登録):レコードが存在しないので登録
10 成功 登録:レコードが存在しないので登録
11 成功 登録:レコードが存在するので登録しない
12 成功 削除:レコードが存在しないので削除
13 成功 削除:レコードが存在しないので削除しない
20 成功 更新:レコードがある場合は削除して更新(上書き)
21 成功 更新:レコードが存在しないので登録
100 失敗 パラメータ不備:キープシートが渡されなかった
対処方法:操作対象のキープシートのシステムIDが正しく渡されているか確認する
101 失敗 パラメータ不備:targetが渡されなかった
対処方法:キープ対象のシステムIDがtarget引数に渡されているか確認する
102 失敗 パラメータ不備:「登録」「削除」のパラメータが渡されていなかった
対処方法:正しい引数(fixed_add、fixed_del)が指定されているか見直す
200 失敗 内容不整合:キープシートが見つからない
対処方法:指定したキープシートが存在するか確認する
201 失敗 内容不整合:キープ対象が見つからない
対処方法:キープ対象が存在するか確認する
202 失敗 内容不整合:キープ対象が指定のキープシートと繋がりがない
対処方法:キープ対象がキープシートの対象シートのレコードであるか確認する
203 失敗 内容不整合:動作設定のいずれかのパラメータが予期せぬ値
対処方法:動作設定のパラメータを確認する
204 失敗 内容不整合:「登録」「削除」のパラメータが予期せぬ値
対処方法:正しい引数(fixed_add、fixed_del)が指定されているか見直す
900 失敗 アクセス制限:切替(削除)でレコードを削除しようとしたが、
操作権限者に削除が許可されていない
対処方法:アクセス権限を確認する
901 失敗 アクセス制限:切替(登録)でレコードを登録しようとしたが、
操作権限者に登録が許可されていない
対処方法:設定 >アクセス権限を確認する
902 失敗 アクセス制限:「登録」でレコードを登録しようとしたが、
操作権限者に登録が許可されていない
対処方法:設定 >アクセス権限を確認する
903 失敗 アクセス制限:「削除」でレコードを削除しようとしたが、
操作権限者に削除が許可されていない
対処方法:設定 >アクセス権限を確認する
904 失敗 アクセス制限:「更新」で登録を行おうとしたが、
操作権限者に登録が許可されていない
対処方法:設定 >アクセス権限を確認する

ステータスコードのコンテンツ利用例

keepモジュールを利用した各種コンテンツ作成例は、デモサイト(不動産スケッチ)でご確認いただけます。

不動産スケッチから、ステータスコードを利用した一例を紹介します。

アイテム一覧の「お気に入りボタン」をクリックすることで表示が変わるイベントを作成します。
登録・削除が一つのボタン(toggle)を使用し、対象のキープレコードが記録されていなければ記録し、記録されていれば削除。その挙動によってボタンの表示を変更します。

キープJSコンテンツ:お気に入り用キープjs

$(function()
{
    //init
 $(".keep_btn_rent").each(function(){
viewButton($(this));
});

$(".keep_btn_rent").on("click", function ()
{
var target_id = $(this).attr("data-id");
$.ajax({
url: "[keep_url:toggle]" + target_id,
type: "GET",
})
.done(function(data)
{
var ret = JSON.parse(data);

switch(ret.result.code)
{
case 1://削除

$(".keep_btn_rent[data-id='"+target_id+"']").attr("data-keep_check", "false");
break;

case 2://追加

$(".keep_btn_rent[data-id='"+target_id+"']").attr("data-keep_check", "true");
break;

default://なんらかの問題発生
break;
}
viewButton($(".keep_btn_rent[data-id='"+target_id+"']"));
});
      return false;
});

function viewButton(elem)
{
var keep_state = elem.attr("data-keep_check");
elem.find("a").html(elem.find("a").attr("data-keep_text_" + keep_state));
}
});

アイテム一覧コンテンツ
<head>~</head>内にお気に入り用キープJSへのリンクを記載します。

<script src="[keep_js_rent_keep_js_url]"></script>

該当ボタンに記載します。

<p class="btn btn_bookmark keep_btn_rent" data-keep_check="[keep_kgo4bmpt0m58_state]" data-id="[item_id]">
<a data-keep_text_true="お気に入りを解除する" data-keep_text_false="お気に入りリストに追加する" href="#"></a></p>
コンテンツ例

keepモジュール関連マニュアル

製品情報

PaaSなCMSがビジネスを創る
製品Palette CMS
概要PaaSなCMSがビジネスを創る「Palette CMS」

関連記事