人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

keepモジュールの基本設定方法

目次

  1. keepモジュールとは
  2. keepモジュールの構築
    1. シート新規作成
    2. シート設定
    3. メニュー作成
    4. シート編集
    5. コンテンツ作成

keepモジュールとは

keepモジュールは、キープ対象のシートに登録されているデータに対して、一般・ユーザー権限者が対象データを記録(レコード保存)できる機能です。

この機能を利用して、「お気に入り」や「閲覧履歴」機能を構築することができます。

お気に入り
対象アイテムシートの一覧・詳細コンテンツにおいて、「お気に入り」登録ができます。
お気に入り機能は、ページ再訪時の利便性向上だけでなく、閲覧ユーザーが気になった商品の比較などに利用できるため、購買や申し込み意欲を促すサイト作成が可能になります。
閲覧履歴
対象アイテムシートの詳細ページにアクセスした履歴が記録できます。
ユーザーの傾向分析が可能になるため、サイトターゲットの検証やマーケティング活動に活用できます。
keepイメージ
権限による操作イメージ
権限 操作権限 操作
一般 / ユーザー コンテンツ 登録・一覧・削除 アイテムを任意操作でお気に入り登録・削除
アイテム詳細にページロード(閲覧履歴)
管理者 管理画面 一覧・詳細・削除 キープシート一覧からの操作

keepモジュールの構築

keepモジュールからシートを作成・設定する方法について解説します。

モジュール導入からWebコンテンツ作成までの大まかな流れは以下になります。

  1. シート新規作成
  2. シート設定
  3. メニュー作成
  4. シート編集
  5. コンテンツ作成

1. シート新規作成

画面右上歯車マーク > シート設定:モジュール から、keepモジュール「詳細」を選択します。

設定画面

2. シート設定

「新規作成」より、基本情報を設定します。

モジュール管理send画面
対象情報
対象モジュール キープ対象のモジュールを設定します。
※設定後は変更不可です。
対象シート キープ対象のシートを設定します。
※対象モジュールで作成されたシートが選択可能です。
共通設定
キープ名称 管理画面のメニュー名やパンくずとしても使用されるため、わかりやすい名称を設定します。
キープ情報引継ぎ設定 「有効」とした場合、一般権限(未ログイン状態)でキープした情報を、
ユーザー権限(会員ログイン後)にも引き継ぐ事ができます。
レコード削除設定
削除権限 削除対象(一般 / ユーザー)とするキープレコードの所有者権限を設定します。
※チェックを入れない場合、レコードは削除されません。
保持期間 上記で設定した権限における、キープレコードの保持期間を設定します。
保持期間が過ぎれば、対象権限のレコードを削除します。
サーバー負荷軽減のため、可能な限り短期間の設定を推奨します。

レコードの削除タイミング

キープレコードに何らかのアクションが行われてから、設定した保持期間経過後に削除されます。
キープ情報はユーザ―単位で「お気に入りしたかどうか」の更新日時情報を保持しており、いずれかのアイテム情報にアクセスした際もキープ情報が更新されます。

お気に入り機能の場合
・お気に入りボタンを押下したのが「2021/03/01」、その後サイトアクセスがないなど、キープに関連した情報の更新がない場合、「2021/03/01」から保持期間経過後に削除
・お気に入りボタンを押下したのが「2021/03/01」、キープに関連した情報への最終アクセス日が「2021/04/01」の場合、「2021/04/01」から保持期間経過後に削除
閲覧履歴機能の場合
初回アクセス日が「2021/03/01」、最終アクセス日が「2021/04/01」の場合、「2021/04/01」から保持期間経過後に削除

3. メニュー作成

シート作成後、管理画面におけるサイドバーの表示設定「メニュー設定」を行います。

4. シートの編集

シート設定を編集する場合は、画面右上歯車マーク > シート設定:モジュール > keep:詳細 > シート一覧の鉛筆アイコン から行います。

シート編集

5. コンテンツの作成

keepモジュールには、以下のコンテンツがあります。

キープ一覧
キープ情報の一覧コンテンツです。※検索機能はありません。
キープJS
キープモジュールに関する挙動(イベント)をJavaScriptコードで出力します。
キープJSを対象のコンテンツに読み込むことでキープモジュールを動作させます。

keepモジュール関連マニュアル

製品情報

PaaSなCMSがビジネスを創る
製品Palette CMS
概要PaaSなCMSがビジネスを創る「Palette CMS」

関連記事