人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

 コンテンツタイプ【エントリー】:エントリー詳細

目次

  1. コンテンツタイプ【エントリー】:エントリー詳細とは
  2. エントリー詳細コンテンツの作成
  3. エントリー詳細コンテンツの設定
    1. コンテンツ情報
    2. コンテンツ設定
    3. テンプレートHTML
      1. 【基本HTML】
        1. 主要変数

コンテンツタイプ【エントリー】:エントリー詳細とは

「エントリー詳細」コンテンツはentryモジュールを導入すると作成できるようになります。
エントリー時に入力した項目や対象のアイテムなどのエントリー情報が閲覧できるコンテンツです。

図1-1 エントリー詳細ページ
図1-1 エントリー詳細ページ

コンテンツを編集する場合は以下から進んでください。

エントリー詳細コンテンツの作成

管理者画面 > 設定(画面右上歯車アイコン)>コンテンツ > 新規作成

図2-1:コンテンツの新規作成
図2-1:コンテンツの新規作成

コンテンツ作成画面のコンテンツタイプから「エントリー詳細」を選択すると、エントリー詳細コンテンツを作成することができます。

図2-2:エントリー詳細の新規作成
図2-2:エントリー詳細の新規作成

エントリー詳細コンテンツを作成する場合、「対象シート」を指定する必要があります。entryモジュールから複数のエントリーシートを作成した場合、どのシートのエントリーの詳細情報を表示させるのかを指定します。

エントリー詳細コンテンツの設定

まず、基本的なページ情報の設定、閲覧権限や公開設定などを行います。
Webページのコーディングデータは、テンプレートHTMLのエリアで編集していきます。

コンテンツ設定(エントリー詳細)

コンテンツ情報

コンテンツ情報

コンテンツタイプ
エントリー詳細コンテンツを作成します。「エントリー詳細」と表示していることを確認してください。

コンテンツURL
コンテンツ(エントリー詳細ページ)のURLとなります。

関連情報

対象シート
新規作成で設定した対象シートが表示されます。クリックすると「シート編集」画面が開きます。

参照制限
エントリー詳細コンテンツで表示させる権限を選択します。

  • 全て:自身も他人もエントリーした詳細が閲覧できます。
  • 自身:自身がエントリーした詳細のみ閲覧できます。
  • 他人:他人がエントリーした詳細のみ閲覧できます。

コンテンツ設定

コンテンツ設定

コンテンツID
コンテンツURLで使用するIDです。省略した場合は自動入力します。変更するとコンテンツURLも変更されます。

カテゴリ名
コンテンツの管理用にカテゴリ分けが可能です。省略した場合は「未設定」になります。

コンテンツ名
コンテンツを管理する名称です。わかりやすい名称を設定します。

コンテンツ設定(続)

公開範囲
エントリー詳細はログイン後のユーザーのみ閲覧可能です。ユーザーを選択し、さらに閲覧を可能としたいユーザーのシートを選択してください。

閲覧権限外の転送URL
公開範囲で設定した権限以外がアクセスした場合の転送先URLです。

対象デバイス
作成したコンテンツの閲覧が可能な端末を設定します。

対象外デバイスの転送URL
「対象デバイス」で設定していない端末からアクセスした場合の転送先URLです。

Basic認証
コンテンツにBasic認証をかけることができます。設定したUserIDとPassを入力することで閲覧可能となるコンテンツが作成できます。

公開設定
コンテンツ(エントリー詳細)の公開状態を設定します。新規作成時の初期値は「非公開」です。

閲覧制御設定

閲覧条件
条件を指定することで、特定の条件を満たした情報のみ表示させることができます。複数条件を指定した場合は「And条件」となります。

  • 式左辺:対象シートで定義した項目が選択できます。
  • 式右辺:項目右横に配置されているボタンの切り替えにより、条件となる値もしくは項目を指定できます。

テンプレートHTML

「エントリー詳細」コンテンツでは、以下の編集エリアを用意しています。各編集エリアでHTMLの編集や変数を挿入し、各画面を作成していきます。

【基本HTML】

エントリーの詳細情報を表示させるページとなるコーディングデータを入力していきます。
エントリー情報の出力に必要な変数が用意されているので、適宜配置していきます。
※対象シートで設定したシートに定義されている項目が変数として使用できます。

基本HTML

あらかじめDreamweaverなどのツールでコーディングしたデータをそのまま貼り付け、エントリーの情報を変数に置き換えるだけでエントリー詳細ページが作成できます。

基本HTML入力画面

以上のように入力することで、Web側でエントリー詳細ページが作成できます。
※ソースコードはサンプルコードです。

基本HTMLコンテンツ側画面

主要変数

以下エントリー詳細ページを作成するにあたり、主に使用される変数を紹介します。

登録日時 [entry_regist]
ログアウトURL [logout_url]
HTMLテンプレート [parts_コンテンツID]

製品情報

PaaSなCMSがビジネスを創る
製品Palette CMS
概要PaaSなCMSがビジネスを創る「Palette CMS」

関連記事