人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

コンテンツタイプ【エントリー】:エントリー登録

目次

  1. コンテンツタイプ【エントリー】:エントリー登録とは
  2. エントリー登録コンテンツの作成
  3. エントリー登録コンテンツの設定
    1. コンテンツ情報
    2. コンテンツ設定
    3. テンプレートHTML
      1. 【入力画面HTML】
        1. フォーム用変数
        2. 主要変数
      2. 【エラー挿入HTML】
      3. 【確認画面HTML】
        1. 主要変数
      4. 【完了画面HTML】

コンテンツタイプ【エントリー】:エントリー登録とは

「エントリー登録」コンテンツはentryモジュールを導入すると作成できるようになります。
アイテムに対してフォーム送信(申し込み)が行えるフォームコンテンツです。

図1-1 エントリー登録フォーム
図1-1 エントリー登録フォーム

コンテンツを編集する場合は以下から進んでください。

エントリー登録コンテンツの作成

管理者画面 > 設定(画面右上歯車アイコン)>コンテンツ > 新規作成

図2-1:コンテンツの新規作成
図2-1:コンテンツの新規作成

コンテンツ作成画面のコンテンツタイプから「エントリー登録」を選択すると、エントリー登録コンテンツを作成することができます。

図2-2:エントリー登録の新規作成
図2-2:エントリー登録の新規作成

エントリー登録コンテンツを作成する場合、「対象シート」を指定する必要があります。entryモジュールから複数のエントリーシートを作成した場合、どのシートにエントリーを登録させるのかを指定します。

エントリー登録コンテンツの設定

まず、基本的なページ情報の設定、閲覧権限や公開設定などを行います。
Webページのコーディングデータは、テンプレートHTMLのエリアで編集していきます。

コンテンツ設定(エントリー登録)

コンテンツ情報

コンテンツ情報

コンテンツタイプ
エントリー登録コンテンツを作成します。「エントリー登録」と表示していることを確認してください。

コンテンツURL
コンテンツ(エントリー登録フォームのページ)のURLとなります。

関連情報

対象シート
新規作成で設定した対象シートが表示されます。クリックすると「シート編集」画面が開きます。

コンテンツ設定

コンテンツ設定

コンテンツID
コンテンツURLで使用するIDです。省略した場合は自動入力します。変更するとコンテンツURLも変更されます。

カテゴリ名
コンテンツの管理用にカテゴリ分けが可能です。省略した場合は「未設定」になります。

コンテンツ名
コンテンツを管理する名称です。わかりやすい名称を設定します。

コンテンツ設定(続)

公開範囲
エントリー登録は一般の方もしくはユーザーが行えます。複数ユーザーシートを作成している場合、ユーザーを選択し、さらに登録を可能としたいユーザーのシートを選択してください。

閲覧権限外の転送URL
公開範囲で設定した権限以外がアクセスした場合の転送先URLです。

対象デバイス
作成したコンテンツの閲覧が可能な端末を設定します。

対象外デバイスの転送URL
「対象デバイス」で設定していない端末からアクセスした場合の転送先URLです。

Basic認証
コンテンツにBasic認証をかけることができます。設定したUserIDとPassを入力することで閲覧可能となるコンテンツが作成できます。

公開設定
コンテンツ(エントリー登録)の公開状態を設定します。新規作成時の初期値は「非公開」です。

テンプレートHTML

「エントリー登録」コンテンツでは、以下の編集エリアを用意しています。各編集エリアでHTMLの編集や変数を挿入し、各画面を作成していきます。

【入力画面HTML】

エントリー登録の入力画面(入力フォーム)となるコーディングデータを入力していきます。
フォーム入力に必要な入力項目は変数として用意されているので、適宜配置していきます。
※対象シートで設定したシートに定義されている項目が変数として使用できます。

入力画面HTML

あらかじめDreamweaverなどのツールでコーディングしたデータをそのまま貼り付け、入力項目を変数に置き換えるだけで登録申し込みフォームが作成できます。

入力画面HTML入力画面

以上のように入力することで、Web側で登録フォームが作成できます。

入力画面コンテンツ側画面

フォーム用変数

フォームを作成する場合、必ずフォームスタート用変数とフォームエンド用変数を配置する必要があります。

  • フォームスタート用変数:[form_start]
  • フォームエンド用変数:[form_end]
[form_start]
  <div class="mod-form">
    <div class="box">
      <h2 class="box-title">申し込みフォーム</h2>
      <div class="mod-table-form">
        <table class="table-line">
          <tbody>
            <tr>
              <th>申し込みアイテム</th>
              <td>[item_origin_job_name]</td>
            </tr>
            <tr>
              <th>氏名<span class="mark-req">必須</span></th>
              <td>[entry_origin_name]</td>
            </tr>

(省略)

    </div>
    <!-- /.box -->
  </div>
  <!-- /.mod-form -->
[form_end]

主要変数

以下エントリー登録フォームを作成するにあたり、主に使用される変数を紹介します。

フォームスタート [form_start]
フォームエンド [form_end]
確認ボタン [form_check_button]
エラー表示 [error]

フォームに配置した項目を必須設定としたり、フォーマット設定した場合、入力チェックが行われます。
チェックエラーを表示させたい箇所にエラー表示用変数[error]を配置します。

  • エラー表示用変数:[error]
【入力画面HTML】([error]挿入)

エラーの表示内容については次の【エラー挿入HTML】に記述します。

【エラー挿入HTML】

エラー挿入HTML

複数のエラーを一度に表示させるために、4パターンの表示形式が選べます。

  • スラッシュ区切りで表示:[error_message_slash]
  • 改行区切りで表示:[error_message_br]
  • リスト形式で表示:[error_message_li]
  • スパン区切りで表示:[error_message_span]
【エラー挿入HTML】

コンテンツ側で変数を配置した場所にエラーメッセージが表示されればOKです。

エラー表示例

【確認画面HTML】

フォーム入力後に遷移する入力確認画面を作成します。
基本的には【入力画面HTML】とほぼ同じ内容のコーディングデータで対応できます。
ページのタイトルや登録完了/修正ボタンの配置を行う程度でいいでしょう。
※【確認画面HTML】にも[form_start][form_end]の変数は必要です。[error]変数は必要ありません。

主要変数

以下エントリー登録フォームの確認ページを作成するにあたり、主に使用される変数を紹介します。

フォームスタート [form_start]
フォームエンド [form_end]
登録ボタン [form_regist_button]
修正ボタン [form_back_button]
確認画面HTML/完了画面HTML

【完了画面HTML】

確認画面から登録完了ボタンのクリック後に遷移する登録完了画面を作成します。
基本的には【入力画面HTML】とほぼ同じ内容のコーディングデータで対応できます。
完了画面HTMLはサイトのトップページへのリンクを配置することをおすすめします。
※【完了画面HTML】には[form_start][form_end]、および[error]変数は必要ありません。

関連記事