人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

sendモジュールご利用における注意事項

目次

  1. sendモジュールのご利用に際して
    1. SPFレコードの設定
      1. 設定手順
    2. メールアドレスリストの精査

sendモジュールのご利用に際して

パレットCMSをご利用のお客様で「sendモジュール」を導入される際は、円滑なメール配信サービスをご利用いただくため、事前に以下の設定・確認をしていただきますようお願い申し上げます。

  1. SPFレコードの設定
  2. メールアドレスリストの精査

1. SPFレコードの設定

sendモジュールを導入される際、SPFレコードの設定が必要となります。

SPFレコードを設定すると、会員向けメルマガ配信など大量メール配信時の到達率を高めるほか、携帯キャリアが実装している「送信ドメイン認証」にも対応できるようになります。

SPFレコードとは
SPFレコードは、送信元IPアドレスの正当性を検証する送信ドメイン認証技術「SPF」の設定情報です。一般的にメールを送受信するときはSMTPプロトコルを使用しますが、送信元を偽った「なりすましメール」を送信できる脆弱性があります。そのため、SPFのような送信ドメイン認証によって、IPアドレス・ドメインの「身元」をはっきりさせます。
送信ドメインのDNSサーバーにSPFレコードを設定することで、受信側はメールを受け取る際にこのSPFレコードのマッチングを行い、送信元の正当性を判断します。

設定手順

パレットCMSで利用するドメインを取得後、SPFレコードを(送信メールサーバーが参照している)DNSサーバーの「TXTレコード」に追記する形で設定します。

SPFレコードの記述は下記2つのドメインに設定してください。

  • エンベロープ From(MAIL FROM)
  • ヘッダー From(差出人)

※オプションプランの「独自ドメイン取得代行」をお申込みのお客様は、弊社にて設定を行います。

SPFレコード記述例

SPFレコードは、include形式で以下のように記述します。

   

example.com IN TXT "v=spf1 include:spf.baremetal.jp ~all"

 

※example.comは、パレットCMSで貴社ご利用のドメインに適宜、読み替えてください。
※既に他のSPFレコード設定がある場合は、「include:spf.baremetal.jp」を追記してください。

2. メールアドレスリストの精査

sendモジュールご利用の際、エラーメール数が全体の「3%」以内でのご利用をお願いしております。

エラーメールアドレス(不達アドレス)が多く含まれると、配信を円滑に行う事が難しくなり、配信システムに影響を及ぼす可能性があります。

特にGmailや携帯キャリアでは配信制限が行われる場合がありますので、配信前に必ず配信先メールアドレスの精査をお願いいたします。

製品情報

PaaSなCMSがビジネスを創る
製品Palette CMS
概要PaaSなCMSがビジネスを創る「Palette CMS」

関連記事