人気ワード

Copy Title & URL

Bookmark

Feed

Share

Twitter APIキーとトークンの取得方法

目次

  1. Twitter APIキーとトークンの取得方法
    1. デベロッパーサイトで新規アプリの作成
    2. メールから本登録
    3. ダッシュボードから各種設定・取得
      1. アプリの権限設定を行う
      2. Twitter APIキーを再発行する
      3. アクセストークンを新規発行する

Twitter APIキーとトークンの取得方法

本記事ではSNSモジュールで使用できるTwitter投稿機能ので必要となる、APIキーやアクセストークンの取得方法を解説します。

まず、各種キーを取得する前にパレットCMSを連携を行うTwitterのアカウントを用意しましょう。

Twitterアカウント作成
https://twitter.com/i/flow/signup?lang=ja

アカウントの作成が完了したらログインし、以下のURLにアクセスしてください。

Twitterデベロッパーサイト
https://developer.twitter.com/en/apps/

デベロッパーサイトで新規アプリの作成

デベロッパーサイトアクセス後、画面右上の「Create an app」ボタンをクリックします。

Twitter連携設定_デベロッパーサイトトップ

Twitterのデベロッパーアカウントへ「申請」を行います。「Apply」をクリックします。

Twitter連携設定_デベロッパーアカウント申請

次に、デベロッパーツールの使用目的を選択する画面に遷移します。

今回はパレットCMSのアイテムモジュールで登録した内容をTwitterへ投稿する機能を利用するため、「Exploring the API」を選択し、「NEXT」で次の設定に行きます。

Twitter連携設定_デベロッパーツール選択

自身の情報を設定する画面に遷移します。

Twitter連携設定_デベロッパーアカウント情報設定

ここでは、以下の項目のみ設定します。

  • What country do you live in?(お住まいの国は?)
  • What would you like us to call you?(ニックネームは?)

1つ目は「Japan」、2つ目は任意のニックネームを設定してください。

NEXT」をクリックで次の設定画面に移ります。
ここでは、Twitter APIの利用目的を入力する必要があります。

以下は、パレットCMSでAPIを取得した際に記述したサンプルです。「In your words」項目に入力する際、適宜変更してご活用ください。
※そのままご利用いただいても大丈夫です。

1.I want to use Twitter API to display articles regularly posted from my Website onto my Twitter timeline.
2.Even if i use Twitter API to get contents from Twitter, i will not display them outside of Twitter.

(訳)
1.私が運営するWebサイトに定期的に投稿される記事内容を、TwitterのAPIを利用して私が運営するTwitterのタイムラインにも同様に表示されるようにしたい。
2.Twitter APIを利用してTwitterからのコンテンツを取得し、Twitter以外のコンテンツで表示させることはしない。

Twitter連携設定_API利用目的入力画面

The specifics」項目には以下の設定で問題なく申請が可能です。参考設定として参照ください。

  • Are you planning to analyze Twitter data? ⇒ No
  • Will your app use Tweet, Retweet, like ~ functionality? ⇒ Yes

My Twitter application uses a tweet function such as Tweet, Retweet, like, follow or Direcr Message.

(訳)
私のツイッターアプリは、ツイート、リツイート、いいね、フォロー、ダイレクトメッセージの機能を利用します。

設定が完了したら、「NEXT」をクリックし、確認画面に移動します。

Twitter連携設定_API設定確認画面

Looks Good!」と表記されていれば問題ないでしょう。そのままクリックし規約同意のページに遷移します。

Twitter連携設定_API設定規約同意画面

Accept」クリック後、規約の内容を確認し、チェックを入れて「Submit Application」で同意します。

問題なく申請が行われたら、以下の画面が表示されます。

Twitter連携設定_API設定申請完了画面

同時にTwitterから登録メールが送信されてくるので、メール本文内の「Confirm your email」をクリックし本登録を完了します。

Twitter連携設定_メール設定

メールから本登録

本登録完了と同時にデベロッパー画面に遷移します。

まずはアプリの名前を入力しAPIキーを発行します。

Twitter連携設定_メール設定APIキー入力

Get Key」をクリックすると、APIキーが発行されますが、今回はそのままメモを取らずにダッシュボードに移動します。

Twitter連携設定_メール設定APIキー情報

そのまま「Skip to dashboard」をクリックで、デベロッパーのダッシュボードに遷移しましょう。

ダッシュボードから各種設定・取得

ダッシュボードでは先ほど作成したアプリが「Project1」として表示されています。

Twitter連携設定_デベロッパーダッシュボード1

ここからTwitter APIとアクセストークンを発行するのですが、その前に権限設定とサイト設定を行う必要があります。流れは以下の通りとなります。

  1. アプリの権限設定を行う
  2. Twitter APIキーを再発行する
  3. アクセストークンを新規で発行する

アプリの権限設定を行う

ダッシュボードのプロジェクトアプリから歯車マークをクリックします。

Twitter連携設定_デベロッパーダッシュボード2

App permissions
「App permissions」項目横の「Edit」をクリックします。

Twitter連携設定_App permissions

権限設定で「Read」をRead + Write + Direct Messages」に切り替えます。

Twitter連携設定_App permissions(権限設定変更)

そのまま「Save」で保存して設定を完了します。

Authentication settings
次に「Authentication settings」を行います。「permissions」設定と同様「Edit」をクリックします。

Twitter連携設定_Authentication settings

編集画面では、「Enable 3rd party authentication」を「ON」にします

Callback URL」と「Website URL」が必須項目となります。

Twitter連携設定_Authentication setting(必須項目)

「Website URL」はTwitterへの投稿元URLを設定します。パレットCMSで運用する場合は設置先URLを設定してください。「Callback URLs」は連携するサイトのhttpsから始まるドメイン名を設定してください。

権限設定は以上となります。

Twitter APIキーを再発行する

次にTwitter APIキーを再発行して取得します。
画面上部の「Keys and tokens」をクリックします。

Twitter連携設定_APIキー再発行1

Consumer Keys設定項目の「Regenerate」をクリックし、APIキーを再発行します。

Twitter連携設定_APIキー再発行2

「本当に再発行しますか?」と英語で聞かれるので、「Yes, regenerate」をクリックします。

Twitter連携設定_APIキー再発行3

新たにAPIキーが発行されるので、メモ帳などに控えておきましょう。必ず「Yes, I saved them」をクリックして保存しておきます。

アクセストークンを新規発行する

同様に「Authentication Tokens」から新規でアクセストークンを発行します。

Twitter連携設定_Authentication Tokens

今回は「Generate」をクリックですぐにトークンが発行されます。

Twitter連携設定_Authentication Tokens(トークン発行)

こちらもメモ帳などに控えておきます。ここでも必ず「Yes, I saved them」をクリックして保存しておきます。

Twitter APIキーとアクセストークンの取得は以上になります。

パレットCMSの システム設定 > SNS > Twitter設定 に取得した情報を設定してください。

製品情報

PaaSなCMSがビジネスを創る
製品Palette CMS
概要PaaSなCMSがビジネスを創る「Palette CMS」

関連記事